BABY葉酸ママのめぐみ 副作用

【飲み方に注意】BABY葉酸ママのめぐみは副作用がある!?

BABY葉酸ママのめぐみ,副作用

赤ちゃんのために飲む葉酸サプリ。そんなサプリメントが原因で副作用が起きてしまっては元も子もないですよね。葉酸サプリ「BABY葉酸ママのめぐみ」は副作用をもたらす場合があるのでしょうか。調査してみました。

 

BABY葉酸ママのめぐみがもたらす副作用

BABY葉酸ママのめぐみはあくまでもサプリメントで薬ではないので、副作用が起こるということは考えにくいのですが、副作用が起こる可能性が高くなるのはサプリメントを過剰摂取した場合です。

 

サプリメントの1日当たりの用量を守らずに、葉酸を1日当たり1000~10000μgを摂取してしまうと、葉酸過敏症を起こす可能性があります。葉酸過敏症の症状は発熱、じんましん、かゆみ、呼吸障害などです。また、妊娠後期に葉酸を過剰摂取すると胎児のぜんそくのリスクが上がったという研究結果も出ています。とはいえ、用量を守っていれば過剰摂取にはなりませんので安心してくださいね。

 

「でも、食事から摂取する葉酸を考えたら過剰摂取になる可能性があるんじゃないの?」と心配かもしれません。しかし、食事から摂取する分の葉酸は、水と熱に弱いという葉酸の特性もあり、調理によって50%失われてしまいます。さらに、体内に入ってもその吸収率は50%程度なので、食事によって過剰摂取になるということの心配はなさそうです。

 

まとめ

BABY葉酸ママのめぐみを飲んで副作用が起きる可能性があるのは、1日の用量を守らなかった場合です。サプリメントは吸収率の良い葉酸を使用していますので用量を守らないと過剰摂取になってしまいます。用量を守るといった点では、BABY葉酸ママのめぐみは分包タイプなので飲み間違いも防げそうですね。

 

葉酸飲むならBABY葉酸~ママのめぐみ~